FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
彼がお客様ではなくなった日…⑤
2007-06-23 Sat 14:19
『 o(^◇^;)o えっ… えっと… お客さんと一晩… 』
『 だって お客さんに言われた事だし… ぁぅ(TT; )( ;TT)ぁぅ 』

そんな言葉しか 返答できていなかったように 思います。

『 本気で 泊まりという事をするのなら
  何十回も通ってくれたような リピーターさんとする事。 』
『 それにそんな金額は ありえない。安い。 』
『 あ~ 本当に 何も分かってないんだから。 』
ァ━(_Д_)━ァ…o

緑さん 最後は あきれていました。

 
どれ位話したのか?
一時間近く話していた記憶があります。

電話を切った後 
怒られた事より 声が聞けた事に ちょっと嬉しくなっていた私でした。

 
数日たち… 
お泊まりの話をしてきたお客様に ご指名を受けました。

何度目のご指名だったのでしょう??
何十回という数には なっていなかった事は 確かです。

そのお客様は いつも90分のみのご予約でした。
けれども結局は 180分一緒にいる そんなお客様でした。

いつも待ち合わせをご希望なさり わざわざ遠いホテルを選ぶ方でした。
ホテル迄 片道30分は当たり前。
そして ホテルを10分早く出る代わりに 食事に行きましょう
というような ( 従っていた私も いけません。 )
今考えると かなり常識から外れている方でした。

そんな方でしたので 正直 嫌になりはじめてもいました。
けれど あの頃の私は どんなお客様でも 
お客様という存在には 絶対服従。そんな気持ちでしたし 
逃げる方法 かわす方法を知りませんでした。
とにかく おいで頂いたお客様には 一生懸命 そんな時期 でしたっけ…。

緑さんの言葉から 嬢としての心得?を教わった私は 
その方とこの日 対決する事になりました… o(・"・)┌θ☆ キック♪

泊まりの件は 半強制のような状態になっていました。
そして金額も 7万円に値下げされていましたw
( 返事は返していませんでした。 )

私は とりあえず いつもと変わらず 接客に入りました。
接客前に私は これだけはしないで下さいという 
大切なお約束を お客様にして頂いていました。
けれど その大切な約束は 守られませんでした。

私はココが切れ所と思いw
お客様をたたみかけました。トリャアヾ(▼皿▼メ)┌θ☆ドカッ(ノ □ )ノ ゚ ゚

『 あんなに約束を守って下さいと お願いしたのに
  守って頂けなかったあなたは もうお客様ではありません。
  お金も結構です。お返しします。
  二度とおいでにならないで下さい。 』

o| ̄□ ̄θ★キック!o| ̄□ ̄θ★キック!o| ̄□ ̄θ★キック!

と 私はお客様に言っていました。
( 接客したのにお金返しちゃうなんてぇ 
  なんて馬鹿な私でしょう ヤレヤレL(* ̄ω ̄*) )

その方が 怒る私に言ってきました。
『 私(お客さん) が れんさんに恋をしてはいけないのでしょうか! 』
『 迷惑です。 』 O(_ _ )=lOパンチ

『 今日は れんさんの為に ケーキを持ってきました。
  家に持って帰れないし せっかくだし もらって頂けないでしょうか。 』
『 迷惑です。 』 o( ̄ ◇ ̄)○ぱぁぁんち

そんなお別れの仕方になってしまいました。

その後 何度もご指名を頂きましたが
私がこの方と このお店で お会いさせて頂く事は 
二度とありませんでした。
たまに車を見かける事はありましたが
それ迄でした。
そしてこのお客様は… この方 です。

約束が守られなかった事が とても悔しくて 悲しくて 
緑さんに電話をした事を覚えていますが
どんな話をしたのかは 残念ながら記憶にありません。

お店の女の子が 慰め変わりに 定食を食べに連れて行ってくれました。
定食でしたがw 本当 とても元気づけられました。
こんな時は食べなきゃダメ。三((“(×_×。)=((  ̄‥ ̄)クエ
そんな姫でした。
のちのち この姫とはとても仲良くなりました。 が… このお話は又今度…
 

そんなこんなで 緑さんとの メールのやりとりは 
お客様と嬢という位置から ちょっとずつ 解れてきていました。

しばらくして
緑さんから 
『 話したい事があるのだけれど 仕事終わりに会えないかな? 』
というメールがきました。

会える事は とても嬉しかったので
私は 緑さんの待つ約束の場所に向かいました。

お会いすると 緑さんは行く場所を決めていなかったらしく
『 (* ̄∧ ̄*;)ウーン どこに行こうか? 』 と 迷っていました。
ちょっと面倒になった私は 
『 居酒屋でいいですか? 』 と 
躊躇する緑さんの事など気にせず 勝手に決め 
とっとと 緑さんの前を歩いていました。°。。ヘ( ̄〇 ̄)ノ すたこらさっさ
( 又お酒が絡んでいますねw )


雨上がりのこの日
タイル張りの歩道が雨に濡れ
キラキラしていた事を覚えています。

 
この時 緑さんが躊躇していた訳は
ずっと後になって知った私でした。

居酒屋さんで 仕事あがりの一杯を (* ̄0 ̄*)ノ口 プハァーっといった所で

『 話しってなぁに??( --) ・・・・・・ジィ-・・・・ 』

私は緑さんを 問い詰めはじめました…



続く(^_-)-☆
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

別窓 | 彼がお客様ではなくなった日… | コメント:2 | トラックバック:0 | top↑
<<彼がお客様ではなくなった日…⑥ | 時給:1マン艶 ―風俗嬢...人妻ですが恋してます。― | 彼がお客様ではなくなった日…④>>
わくわくしてますー
ちわーっす.
話の展開が楽しみでわくわくしながら読ませてもらってます.
なんでもない出来事の繰り返しのうちに,惹かれていった.
そんなふうに思える.

出会いって不思議
恋に落ちるって不思議
理由なんてないんだよね.

いろいろ理由を探そうとしちゃうけど,惚れちまったもんはしょうがないやね.
ね.
2007-06-23 Sat 23:36 | URL | 弱虫 #-[ 内容変更] | top↑
弱虫 さん
ありがとう です。
ホロっとしてしまいました。^^ゞ れん
2007-06-24 Sun 16:06 | URL |  れん #-[ 内容変更] | top↑
 
 
 
 
 
 
  れんにだけの内緒のコメントはこちらにチェックを入れて下さいネッ^^
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 時給:1マン艶 ―風俗嬢...人妻ですが恋してます。― |

空からのメッセージ☆、。・:*:・゚`★.。

RSSフィード

上がれる事を願って。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。