FC2ブログ
スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | top↑
彼がお客様ではなくなった日…⑥
2007-06-24 Sun 17:16
『 なぁに?(゚▽゚*) 』

『 なぁに?(゚∇(゚∇゚*)』

『 なに?なに?(゚∇(゚∇(゚∇(゚∇(゚∇(゚∇(゚∇゚*) 』
 
再三 問い詰めましたが
結局 緑さんは肝心な事を 話してはくれませんでした。
 
『 なんだっ。 』
『 話しがあるって言ってたのに 
  ( ̄ω ̄=)ノ。。oO("o(―ω―#) 変なのっ。 』

鈍い私は 緑さんの気持ちを 汲む事ができませんでした。

…もしこの時 彼の言葉が聞けていたら
この日が 私達の大切な日となるはずでした。
ちょっと心残りです。 あまりにも幼稚な私でした。

 
これ以降 そんな仕事外での食事やお酒が 数回ありました。
もちろん 終電に間にあう迄の お時間でですw
( 外で体の関係や金銭が 間に入る事は ありませんでした。 )

 

出会いから1ヶ月後…

緑さんは 私を週一のペースで ご指名して下さる 
そんな関係になっていました。
もちろん 姫には内緒でした。

そんな関係になっても私は 
『 緑さんは ナンバーワン姫のお客様なのだから 大切にしなければならない。 』
そんな気持ちを 持ち続けていました。

けれど 緑さんと一緒にいられる事は 
とても嬉しくて 楽しくて そんな気持ちがある事も事実でした。


そんな時 こんな事がありました…



緑さんと 一緒にお風呂に入っていた時です。
( 今は 恥ずかしくて 滅多な事では一緒に入りません(〃⌒ー⌒〃)ゞ エヘヘ )

私の本名の話しになりました。
本名を言う事は とても照れ臭くって
濁していました。

私の名前は 私の時代にしては 変わっている名前でした。
絶対 当たらない自信があった私は 
ヒントを 一つだけ出しました。 『 名前の文字数は…。 』

数秒考えた緑さんが
出した答えは





見事 当たりました。

(ノ; ̄◇ ̄)ノ エエエエェェェェェ- 凄くびっくりしました。
当てた緑さんも 一発で当たるなんて 拍子抜けしていましたっけw

『 絶対 私の 私物見たんだこの人。 』 私は思いっきり疑いました。
(o〃>ω<)oミ(o〃_ _)oゴメンナサイ

けれど彼曰わく
その時 頭の中に 何故か その名前がふっと浮かんだのだそうです。


事実 次に会った時
緑さんは 私の名前を忘れていました{( ̄■ ̄; そ、そんなアホな~


いきなり名前を当てられた事に 衝撃を受け 感動していた私は
緑さんが 私の名前を 一文字すら 覚えていなかった事に 
かなり すねました。(((メ ̄  ̄)o" フンッ!
そこには ただただひたすら謝る 緑さんがいました。マイッタネコリャ、、(*;^-^)ゞ

こんな 不思議な事も あるものなのですね。
 


出会いから1ヶ月半後…

緑さんから 店外のお誘いがありました。
それは 一泊旅行のお話しでした。

店外?お泊まり?
あのお客様の シチュエーションに似ていませんかw
緑さん あのお泊まり事件に 物凄くメラメラしていました。

『 ふ~ん 7万円で一泊買えるのかぁ~ いいなぁ~
  それなら10万円で 旅行連れてくなんてもの 楽しそうだよね~。 』
って 
事ある毎に 私に言ってきていたんです。
( きっと 彼は覚えていないと思いますw )

その恨みを晴らすかのように
それを実行したんです。

私は
なんていうのか
その真意は分からず 気軽な気持ちで 緑さんとの旅行に出かけました。
( 金銭は一切発生していません。 )

…この旅行の時 朝 お迎えに来てくれた緑さんをみて
不思議な感覚がした事を覚えています。 
そして緊張から 心臓が物凄く ドキドキしていました。



けれど 一泊旅行に行くような事をしても
緑さんに 打ち解けられない私が まだいました。

この時の事は 今でも彼に言われます。
『 どうせ 私(緑サン)は お客さんですから。 』 って
( 私が仕事として 旅行に同行したという意味です。 )



そこまで 私の気持ちが解けない その理由は…


風俗という場所にいる 男性にも女性にも 偏見があったからです。
そして 出会い系で培われてしまった
ヤれりゃーいい的な 男性心理。
男性は 皆 そうだと思っていました。
そして 風俗という低俗な仕事をしている私に 愛が向けられる訳がない。
そんな事から 私の気持ちは 頑なに なっていました。
( ※今現在低俗な仕事などという事は思っていません。 )


それでも緑さんは 私の事を見守り続け 
どんな時も微笑み 暖かな光を注ぎ続けてくれました。



頑な私の心。
そんな がんじからめ ダマになっていた私の心を 解く出来事が 
ある日 私に起こりました。

それは とても小さな出来事でした。
明日になったら 記憶から消えてしまって当たり前
そんな ちょっとした出来事でした。

けれど 私にとっては大きな事
でした…
 
 
 
続く(^_-)-☆





ここで ナンバーワン姫と 緑さんの関係を 少しだけ…

私が聞いた事で 今でも心に残っている事は…

彼と私が あと少し出会う事が遅かったら
彼と姫は
今の私達のような関係に なっていただろうという事です。
これは彼の言葉として聞きました。

事実 姫との関係を終わりにした後も
彼の元へは 何度も 姫から電話やメールが来ました。
メールは 緑君は 私にとって お客様以上の存在。
私は あなたに支えられていました。
そんな内容でした。

姫は やはり私のように 
右も左も分からなかった新人の頃( 入店してすぐ ) 緑さんと出会いました。

素股や薬品の使い方など 何も分からなかった 
全くの新人状態の姫に 彼が色々な事を手ほどきしたそうです。
姫の努力 緑さんの手助け そんななか姫は 
不動のナンバーワンに成長してゆきました。

 
こう振り返ると 彼は 新人キラーなのかもしれませんw
スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

別窓 | 彼がお客様ではなくなった日… | コメント:0 | トラックバック:0 | top↑
<<彼がお客様ではなくなった日…⑦ | 時給:1マン艶 ―風俗嬢...人妻ですが恋してます。― | 彼がお客様ではなくなった日…⑤>>
 
 
 
 
 
 
  れんにだけの内緒のコメントはこちらにチェックを入れて下さいネッ^^
 

トラックバックURL

FC2ブログユーザー専用トラックバックURLはこちら
| 時給:1マン艶 ―風俗嬢...人妻ですが恋してます。― |

空からのメッセージ☆、。・:*:・゚`★.。

RSSフィード

上がれる事を願って。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。